永道射頻技術

会社紹介

永道射頻技術は2007年に設立し、各種RFIDタグの設計・包装・貼合などの生産工程の技術を有しています。2014年、揚州に新工場が完成し、業界トップクラスの生産設備と極めて厳密な生産工程をもって、RFID産業の業界基準を刷新することを目指しています。生産能力は年間15億枚に急拡大しました。世界最大のRFID ODM生産工場となっています。

永道射頻技術製品は、中国本土で初となる鉄道のRFID切符、2009年の台湾花博の入場チケット、2009年上海国際博覧会の入場チケット、酒やタバコの偽造防止や鉄鋼管理など様々な分野において先駆的に応用されています。永道無線射頻標籤がもつ高い研究開発能力と優れた製品により、国際的に高い評価を頂き、世界各国の大手企業へオーダーメイドのRFIDを製造しています。

永道射頻技術